脱毛の仕組みとエステでの脱毛種類

脱毛は毛の毛乳頭を破壊することによって行われます。エステサロンで行われる脱毛は毛の毛乳頭を破壊して脱毛を行います。
毛乳頭を破壊した箇所は毛が生えてきませんが、表面上に出てきていない毛が生えてきます。
最初に出ている毛は全体の3割程度といわれています。
エステでその3割出ている毛に永久脱毛を行うと、残りの7割の毛から3割だけ出ていきます。それを繰り返していくと毛が少なくなっていきます。
エステでの脱毛は3種類あります。
1つはニードル脱毛です。ニードル脱毛というのは毛穴に細い針を刺し、その針に熱を加え直接毛乳頭を破壊します。
そして毛乳頭を破壊した後、ピンセットで抜いていきます。それを繰り返していくのがニードル脱毛です。
行うペーストしましては1~2週間に1回のペースでいけます。
2つ目はレーザー脱毛です。レーザー脱毛というのは脱毛箇所に特殊なレーザーを当てて脱毛していきます。
レーザーは黒いものに反応し、その黒い毛が熱を加えられ、そのまま毛乳頭を破壊していきます。そのまま時がたてば毛が自然と抜けていきます。
3つ目は光脱毛です。光脱毛は基本はレーザー脱毛と同じです。レーザー脱毛との違いは出力が弱いので、肌の弱い方には好まれる方法です。
以上の3つがエステで行われる脱毛方法です。

2013年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、Pが2013年8月10日 09:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レイチェルワインのトライアルセットを試しました。」です。

次のブログ記事は「今週の競馬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。